enchantMOON.console

使い方(インターネット)

  1. シールをenchantMOONにインストールする
  2. enchantMOONでシールをタップする
  3. プロンプトに http://enchantmoonconsole.herokuapp.com:80 を入力(デフォルト値)する
  4. 接続が完了したらダイアログにIDが表示される
  5. PCのブラウザで http://enchantmoonconsole.herokuapp.com/?host=表示されたIDを指定してページを開く
  6. ブラウザでWebコンソールを開く
  7. Webコンソールで moon('1+1')を実行する
  8. しばらくして、enchantMOONから1+1(エコー)、2(実行結果)が返ってくるのを確認する
  9. 返ってこない場合は最初からやり直す
  10. 返ってくるのが確認できたらプロンプトを閉じておく
  11. 任意のスクリプトを実行する
  12. enchantMOONがスリープするなどして切断された場合は、スリープ解除で再接続されIDが新たに採番されるので、ブラウザのID指定をやりなおして再度ページを開く
  13. 終了する場合はWebコンソールで MOON.finish()を実行してシールを終了する

使い方(ローカルネットワーク)

  1. https://github.com/esmasui/enchantMOON/tree/master/enchantmoon.consoleをチェックアウトする
  2. node app.js を実行してサーバーを起動する
  3. enchantMOONでシールをタップする
  4. プロンプトに http://サーバーのアドレス:3000 を入力する
  5. 接続が完了したらダイアログにIDが表示される
  6. ローカルネットワークではIDは不要なのでダイアログを閉じる
  7. PCのブラウザで サーバーのアドレスを指定してページを開く
  8. ブラウザでWebコンソールを開く
  9. Webコンソールで moon('1+1')を実行する
  10. しばらくして、enchantMOONから1+1(エコー)、2(実行結果)が返ってくるのを確認する
  11. 返ってこない場合は最初からやり直す
  12. 返ってくるのが確認できたら任意のスクリプトを実行する
  13. 終了する場合はWebコンソールで MOON.finish()を実行してシールを終了する

コマンド

moon('expression')
	
moon(function)
	

サンプル

 moon('1+1');
	
 moon(function(){return 1+1});
	
 moon('MOON.alert("Hello, enchantMOON")');
	
 moon(function(){MOON.alert("Hello, enchantMOON")});
	
 moon('MOON.getPaperJSON(MOON.getCurrentPage().backing)');
	
 moon(function(){return MOON.getPaperJSON(MOON.getCurrentPage().backing)});